、団体旅行でタイへ

タイ旅行の思い出

最近ですけど、団体旅行でタイへ行ってきました。団体旅行と言っても、親戚連中と話していたら、皆で揃って海外旅行へ行こうという話から募ったところ、思ったより多く参加希望者が集まったのでパック旅行でなく団体扱いで行くことになったのです。

ホテルや航空券の取り扱い先を探すには、もちろんネットで調べました。旅行費用がサイト上で見積りできるし、ホテル探しや航空券の概算の予算が判るのでとても便利です。
航空券の手配からホテル予約などが一緒になっているパック旅行でも良いですけど、自分たちのグループが他の方たちを圧倒してしまいそうですから、団体旅行で行くほうが便利で、自由が利きます。
特にホテルなどは、探すのも良いですけど、団体扱いになると割引レートがあったりするので、ビックリするようなホテル料金になるのです。

タイは面積も広いし少し暑いですけど、楽しめる場所も多く何回行っても、その都度、新しい体験があったりしますし、食事も新感覚の味が多くて飽きることが無いです。

親戚たちは初めての方が多かったのですが、ワイワイと一緒に揃って楽しめたようです。
個人で旅行も良いですけど、こうやって知り合いが集まっての団体行動もたまには良いなと感じました。

印象に残っている良いホテル

今まで利用したホテルの中で印象に残っている良いホテルは、北海道の阿寒湖畔にある「阿寒遊久の里鶴雅」です。

ホテルの中には豪華な浴場や素敵な部屋、色々と楽しめる売店などがあります。どれをとっても、ランクはかなり上でそれぞれ存分に満喫できます。しかしそれだけにはとどまらず、随所に細かいサービスがあり客を喜ばせてくれます。

たとえば、チェックインをするとロビーに飲み物が用意されています。いくつか用意されている飲み物の中に、子供の頃よく山に採りに行った山ブドウのジュースがあります。懐かしく、しかもひときわ美味しいと感じます。

また、ロビーから売店に続く廊下では北海道産のジャガイモがふかされており、無料で食べることができます。そんな些細な所まで気配りされているのが何ともいえず、感心させられます。

釧路湿原、知床、阿寒の3つの国立公園が近くにあるため、道東観光の拠点として申し分ないところに立地しています。

夏は観光、登山、ドライブ、冬はワカサギ釣りやスキー、スノーモービルなどを楽しむことができます。

ホテルの内外で至福の時を過ごすことができます。
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加