最近ホテルを予約するときは

予約ミスの結果泊まった部屋は

最近ホテルを予約するときは、インターネットでホームページから行うことが多いです。予約後は確認のメールが届き、内容が形に残るので確実な方法だと思っています。念のためメールと合わせて電話を入れることもありますが、それはよっぽどの場合です。

昔、緊急にホテルの予約を入れなければならないことがあり、一度だけ外出先から電話で予約を入れたことがありました。宿泊するのは、私一人で一泊だけ。電話をかけたその日の夕方に、チェックインという予定でした。

夕方ホテルに着き、フロントで、「昼頃電話で予約をした○○です」と言ったのですが、フロントの方は「少々お待ちくださいませ」と言ったきりパソコンで何かを見たり内線電話をかけたりで明らかに焦った様子でした。これは、きっと予約が入れられていないのだな…と思い少々不安にもなりましたが、平日の何でもない日に満室ということは無いだろうと楽観して待ちました。
そして、申し訳なさそうにフロントの方が戻ってきました。
私の予想は当たり、やはり向こうの手違いで予約が入れられていなかったようです。

しかも、シングルの部屋は満室。「まさか、そんな…」と驚きましたが、部屋が残っていないというのは事実なのです。私はみるみるうちに表情が硬くなり、「一体どうしてくれるんだ!」と言いそうになるのを抑えるので精一杯でした。今思えば、とても怖い顔をしていたような気がします。

その後すぐに奥から別の方が出てきて、お詫びとダブルの部屋なら用意できるとの説明を受けました。なんと、料金はシングルの部屋のままで。
今までの怖い顔が嘘だったかのように一転し、私の表情は自分でもわかるくらいにニコニコしていました。思わぬトラブルに巻き込まれたかと思ったら、シングル料金のままダブルの部屋に泊まれるなんて。

滅多にない出来事でしたが、トラブル時のホテルの対応はさすがだなと感心しました。でもやっぱり、女の私が一人でダブルベッドは広すぎました。
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加